ゆるやかな坂道を 君の歩幅で歩く毎日

アラフォー夫、アラサー妻、3歳(年少)娘の3人家族。1歳半健診で発達の遅れを指摘されて以来、気にしながら過ごしてきた我が家の記録です。

ABR検査 3回目


f:id:yuruyakanasakamichi:20170713215355j:image


f:id:yuruyakanasakamichi:20170713215417j:image


f:id:yuruyakanasakamichi:20170713215426j:image


f:id:yuruyakanasakamichi:20170713215435j:image


もう3回目ともなると、検査の流れも完璧です。3回目、良い結果であるように祈ったのですが、2回目同様の悪い結果となりました。というわけで、専門的な病院で検査を受けるようにと言われました。

その病院名に「障害」「リハビリ」とあったので、言葉が出てきませんでした。聴こえないかも、と覚悟をしていたつもりでも、結局はそのときにならないと覚悟なんて出来ないんですよね。いや、そのときになっても難しいのかもしれない。頭がまっしろになりました。

どちらにしても「そこの病院には良い医師がいるので、何かあったとしても最善の対処ができる」という言葉にすがって紹介状を受け取りました。