ゆるやかな坂道を 君の歩幅で歩く毎日

アラフォー夫、アラサー妻、3歳(年少)娘の3人家族。1歳半健診で発達の遅れを指摘されて以来、気にしながら過ごしてきた我が家の記録です。

紹介状をもって… 【祝100名☆2/10】

本日2回目の更新です。


f:id:yuruyakanasakamichi:20170715124206j:image


f:id:yuruyakanasakamichi:20170715124224j:image


f:id:yuruyakanasakamichi:20170715124239j:image


f:id:yuruyakanasakamichi:20170715124256j:image


f:id:yuruyakanasakamichi:20170715124316j:image


ABR検査を3回受けた末に、紹介状をもって大きな病院に行くことになりました。
はっきりさせたいけど、こわい。それが正直な気持ちでした。でも花自身のことを考えれば、受診以外の選択はない。。

とりあえず簡易検査をしてみましょう、ということで検査室へ。色々やって花の様子をチェックし、会話は聴こえてそう…ということでしたが、ASSR検査とABR検査の予約を入れて帰りました。

 妊娠したとき、無事に出産出来るか等々心配しましたが、出産したあとも子供のことで何かと心配し続けるものなんだなぁと思いました。授かったときからずっと「我が子の心配」というのはすぐ側にあるものなんですね。